自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる
  • ライオンズクラブとは
  • 京都紫明LCについて
  • 周年事業
  • 活動報告
  • 年間スケジュール
  • 会員名簿

会長あいさつ

ご挨拶


【会長スローガン】 
一隅を照らす ~未来への轍とならん~



第60期会長
秋山 洋一郎

節目から節目の5年間に2回目の会長を仰せつかる事となりました。また、その期間地区キャビネットへのGMT(会員増強)委員長を3期連続の委員長も仰せつかる事にもなり、沢山の経験をさせて頂き感謝を申し上げます。
私が、前回会長を仰せつかったのはコロナ禍対応の始まり、そして今回は、コロナ禍を乗り越える兆しを創る時期。中間期において地区委員長として活動する中、ライオンズの深淵を覗く事ができたと思います。「いったい何がライオンズの魅力なのか?」それは、社会奉仕活動を通して「人とふれあう(クラブ内外問わず)活動」により育まれる道徳心を越えた「温もりの心」を人に宿させる団体であると思います。コロナ禍の影響により引き続きまだまだ制約を受けるかもしれませんが、こういう時だからこそ、精神的なつながりをより大切に京都紫明ライオンズクラブの未来を切り拓く轍となっていきたいと存じます。
「一隅を照らす」この言は、自らが光となり周りを照らしていくことこそ、私たちの本来の役目であり、それが積み重なることで明るく温もりある世の中がつくられると言う意味です。
第60期、京都紫明ライオンズクラブが地域を照らす光明となるようクラブメンバー皆様と共に会長職を務めさせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。